Staff Voice

周囲のメンバーからの
「信頼」や「期待」が
仕事のやりがい

分析部 環境測定一課高木 祐太さん

PROFILEプロフィール
分析部 環境測定一課 
2019年入社。前職は製造業。自分が本当にやりたいことを模索する中、大学で環境に関する研究をしていたこともあり、環境分野の仕事ができる那須環境技術センターに入社。主に工場など施設のボイラーや焼却炉のばい煙測定業務を担当している。

大気環境や人の健康を守るために

私が所属している環境測定一課では、工場やホテルにあるボイラーや焼却炉のばい煙測定業務を担当しております。ばい煙測定は、大気汚染防止法に基づき、大気環境や人の健康保護を目的としております。ばい煙測定では、ばいじん・硫黄酸化物・窒素酸化物・水銀・ダイオキシン類の測定を行っております。その他にも周辺環境への影響を調べるため、工場から発生する騒音や振動の測定なども行っています。

自身の成長が周囲の信頼や期待に繋がった

入社して3年が経過しましたが、ばい煙測定という業務は全くの未経験でしたので最初のうちは流れを覚えることに戸惑うこともあり、上司や先輩社員に注意されることも多々ありました。注意を受けることもありましたが、そこで終わりにせず自分に今できることは何かということを考えながら業務に取り組んできたおかげで、今ではメンバーから信頼され期待していると言われることもあり、仕事にやりがいを感じることができています。

コミュニケーションが大事

仕事をする中で心掛けていることは人とのコミュニケーションです。ばい煙測定は、基本2人体制で業務を行います。作業場によっては危険な箇所もあり、高所で作業をする時などもありますが、そのような場所でもしケガや事故を起こしてしまうとお客様や会社にも多大な迷惑をかけてしまいます。そのため、作業開始前には必ず共に作業を行うパートナーと事前に危険予知や作業の段取りをしっかり話し合っています。このようなコミュニケーションを取ることで危険な場所でも安全に作業を行うことができますので、パートナーとの信頼関係は非常に重要になってくると思っています。

先輩社員がフォローしてくれます

最近では作業の責任者を任されることがあり、日程調整などお客様とのやり取りを行っておりますが、まだまだ不慣れなこともあり相手とのやり取りでは緊張してしまう場面もあります。しかし、たとえ失敗したとしても何事も経験しないと成長していけないので、これからも上司や先輩方を参考に取り組んでいきたいと思っています。これから入社してくる人たちも最初は右も左も分からない状態だと思いますが、たとえ専門性が無くても先輩社員が優しく丁寧にフォローしてくれます。そこが当社の魅力でもありますので、あまり難しいことは考えずに前向きに仕事に取り組んでいってもらえたらと思います。

社員の声INDEXへ